2015年07月08日

2015 調査捕鯨





2015/03/28 に公開
南極海で活動した調査捕鯨船の船団が28日山口県下関市の港に帰港しました。去年の国-際司法裁判所の判決を踏まえ、今シーズンはクジラを捕獲しない異例の調査となりました-。
山口県下関市の港には、午前7時ごろ、調査捕鯨船の「勇新丸」と「第二勇新丸」が入港-し船員の家族などが見守るなか、ゆっくりと岸壁に接岸しました。
南極海の調査捕鯨を巡っては、去年、国際司法裁判所でこれまでの方法での調査を中止す-るよう命じる判決が出され、今シーズンはクジラを捕獲せず、目視でクジラの頭数を確認-したり表皮を採取したりしました。
港では帰港を歓迎する式典が行われ、出席した林農林水産大臣は「今回は目視調査にとど-まったが、次回は捕獲調査を実現するため準備を進めていきたいと」と述べました。
国は去年、クジラの捕獲頭数を以前の計画の3分の1に削減する新たな計画を公表し、来-シーズンから調査捕鯨を再開する方針です。
一方で、国際司法裁判所の判決をきっかけに、調査捕鯨に対する国際世論は厳しさを増し-ていて、再開に向けては反捕鯨国からの反発も予想されます。
今シーズンの調査を指揮した松岡耕二団長は「妨害を受けることもなく順調に調査できた-。次回は、国際社会の理解を得る努力をしながら捕獲調査を実施したい」と話していまし-た。


2015/06/19 に公開
IWC(国際捕鯨委員会)の科学委員会は、日本の南極海での調査捕鯨について2015年度の調査は「正当化されない」と否定する一方で、「調査を延期する理由はない」と容認する意見の両論を併記した報告書を公表した。
また、科学委員会は、日本の新たな調査計画で、クロミンククジラ333頭とした捕獲数の妥当性について、追加で説明することを日本側に求めた。
日本政府は、議論をふまえて、年内の調査再開を目指す。
posted by てっち at 16:18 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

記念写真

img128.jpg

おやじメモ

 電気 製油長 自分K.V デラバル


 
posted by てっち at 11:03 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 綿城丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記念写真

img127.jpg

おやじメモ

 石村(福岡県) 小山(大阪) 森部員 自分


 写真を拡大してみると錦城丸と書いているようです。
posted by てっち at 10:54 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 綿城丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地区長

img126.jpg

おやじメモ

 地区長
posted by てっち at 10:48 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

WAZA(世界動物園水族館協会)もIWC(国際捕鯨委員会)も自分のことしか考えられないですからね〜、脳です。

 日本動物園水族館協会(JAZA)が追い込み漁によるイルカの入手を断念したことについて、和歌山県太地町(たいじちょう)の三軒一高町長は21日、「国際的な問題にしようと反捕鯨団体がやっていることにJAZAが屈服した」と批判した。自民党が同日に開いた捕鯨対策特別委員会などの合同会議に出席し、「我々は漁業者を今後も守っていくし、漁をやめない」とも述べた。

 自民党は追い込み漁の正当性を世界に発信することなどを政府に求める決議をする方針を決めた。党捕鯨議員連盟の鈴木俊一会長は「追い込み漁は古来の伝統。黙って受け入れるわけにはいかない」と述べた。

 菅義偉官房長官は5月21日午前の記者会見で、イルカ追い込み漁について「関係省庁が連携し科学的根拠に基づいて、イルカや鯨類を含む水産物資源の持続的な利用について丁寧に説明していきたい。今回のJAZAの決定によって、追い込み漁に直ちに影響があるとは考えていない」と語った。
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH5P3G8YH5PUTFK001.html

posted by てっち at 16:25 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 第三日新丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする