2012年12月17日

綿城丸にて

img006.jpg

おやじメモより

 昭和二十九年十一月赤道にて 右国元 四国香川
               左日下 茨城



第一日新丸(のちの綿城丸

 三菱重工業長崎造船所で大阪商船の石油タンカーである3TL型戦時標準船大攬丸(だいらん丸)として建造中に長崎市への原子爆弾投下に遭い放置。終戦後の南極海捕鯨再開に伴い、大洋漁業が購入して捕鯨母船へ改造し第一日新丸と改名、1946年10月15日に完成させた。
       
1946(昭21)  建造中に大洋漁業(東京)に売却、捕鯨母船(第1350番船)として完工、
       第一日新丸 NISSHIN MARU No.1 と改名。同年12月戦後第一次南氷洋
       捕鯨に長崎より出港。
1948.8(昭23)  主機をD 三井B&W 5,400BHPに換装
1951.6.11(昭26)油槽船に改造、錦城丸 KINJO MARU と改名。B.V.船級取得改造工事
1954.4.30(昭29)再度、川崎重工業(神戸)で捕鯨母船に改造。
1958.10(昭33) 主機をD 川崎M.A.N.K9Z 70/120C 8000BHPに換装
1965.3(昭40)  解体のため三菱商事(東京)に売却、大阪で解体

       総トン数:11781トン
       全  長:150.8メートル
       全  幅:20.4メートル
       喫  水:12.0メートル

第一日新丸(綿城丸)/大洋漁業株式会社

 若者が日本を支えていた時代ですよね。
タグ:綿城丸
posted by てっち at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 綿城丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする