2017年02月16日

第六次北洋捕鯨 2

img166.jpg

おやじメモ

 北洋にて 昭和32年5月〜7月

 大洋漁業 第11文丸  日本水産 第18興南丸


 一見すると南氷洋の捕鯨オリンピックのようですが、昭和27年から始まった北洋捕鯨です。
 北洋捕鯨では日本水産六割、大洋捕鯨三割、極洋捕鯨一割の出資で北洋捕鯨株式会社が設立され、社長に就任したのは日本水産の渋谷辰三郎氏でした。
 さらに北洋捕鯨では、日本から漁場が近いこともあり南氷洋捕鯨よりも経費がかからず、運搬船を活用することで鯨肉の鮮度を保つことができたようです。
 また、北洋捕鯨株式会社では自社の捕鯨船を持たず、三社の施設をそのまま兼用しての出港でした。
 南氷洋にしても北氷洋にしても、捕鯨シーズンは夏なので、時期的には半年ズレます。交互に出漁すれば無駄がなく効率がいいわけです。

posted by てっち at 17:02 | 青森 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | キャッチャーボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック